--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2006年08月20日(日) 記事No.6
本の保存に抜かりはないだろうか。
書物を長期間大切に保管するのに必要な条件とはなんだ。

気温 10℃、湿度30%



これが目安だ。
さあ、温度計をチェックしてみよう。
8月が終わりに近づくに比して子供の元気がカラになっていく
この時期であるが、温度も湿度も藤井隆の封印ギャグのごとく
ホットホットときたものだ。
ちなみに世の母上様はさぞや子供の休みが不愉快で、9月が来い
と待ち遠しい。

温度計をチェックしたところ
室内気温30℃、ちなみに湿度は55%。
5年前より「自宅エアコン禁止令」を発表して以来、
古くから付き合っている我が冷房装置、具体的には 
メーカーSANYOから発売された

愛称「ひぇひぇ」

も放置が過ぎてもう働く気はないらしい。
だいたい名称自体がいま注目の環境問題に配慮されていない。
機械物は動かぬが負け。
ただいま我が家の最たる働き者は
団扇に氷に扇風機の3兄弟。不眠不休でがんばってくれている。


そう、本の保存だ。
だいたい30℃、55%の環境は、完全なオーバーだ。

「書物界のメタボリック症候群や~。」

こんな彦麿呂が言いそうなギャグ、しかもピントを外した物言いで
少しは空気を寒くしようじゃないか、いや、土台無理な話である。


ところで本の最大の敵はなんだ!

水・虫・日・光


この4点セットは書籍の寿命を確実に奪う悪性中の悪性だ。
そしてこれら4点が勢揃いするのが夏の季節というわけだ。
本の場所には思う存分神経をとがらせなければならない。
特にアマゾン出品、オークション出品に魂を込めるのであれば
その神経の尖らせ加減は2倍増しというわけだ。

しかし不思議なもので、いずれは不要となるものは雑な扱いに自制もかからぬが、
今後も座右の銘にしたい物、ここでは書籍なのだが、そういうものは、部屋の特等席
をちゃっかり占めていたりする。



遅ればせながら、8月15日はなにかと物議を醸しだす月日である。

終戦、靖国、小泉、天皇、中国、韓国、責任、戦犯


と紙も画面もそんな話題のオンパレードで、この日が俳優宇梶剛士の誕生日であることに
話題がひとつたりともいかないのも20%ほど残念だ。

しかし話題が先の8つの言葉に集中するのもやむをえない。

我々は、いったいなにを学ぶことが一番なのだろう。

計算? 法律? 金儲け? 遊び? 

一番の位置づけは人それぞれだ。しかし、どんなことを学ぶにしても共通して
金魚のフンのごとくついてまわるものがある。一種のストーカーでもある。

それは「歴史」である。

どんな物事であれ、点で捉えるということは近視眼的な思考に陥り大変危険である。

縦に捉える視点、「歴史」目線は大変得るものが多い。

8月15日に照らすならば、
なぜ戦争をして、なぜ負け、なぜ世界に復帰できたのか。

それを食べやすいようにおかゆにしてくれる本はないかと問われれば、
確実にまずこの本を紹介したい。
ちなみにこれが先述の「部屋の特等席に占められた」ものであり、
北側の窓に接した物置きテーブルの上に立てかけている。

昭和史 1926-1945
昭和史 1926-1945半藤 一利

平凡社 2004-02-11
売り上げランキング : 176

おすすめ平均 star
star全国の学校で日本史の教科書として採用してほしい本
star全国の学校で日本史の教科書として採用してほしい本
starこれが本当の歴史書だ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




歴史に対する考え方は非常にわかれており、本書は相撲で言えばいまのところ観客の相手への
声援に若干押されながらもなぜか心が揺らがずに堂々としている1冊だ。

過去に本書にまつわる記事を更新したことがある。記載しておこう。

過去記事 by アメブロ時代


ちなみに著者は最近話題になった昭和天皇の靖国神社に関するお言葉を記した
いわゆる宮田メモの検証に立ち会った人物の1人だ。あのメモについては週刊新潮が異議ありの
スクープを後日載せたのだが、
そんな近現代史に強い半藤氏の昭和史語りを読んでいただき、それにぜひ共感を持ってもらえたの
ならば、次に
今年4月に発売された

昭和史 〈戦後篇〉 1945-1989
昭和史 〈戦後篇〉 1945-1989半藤 一利

平凡社 2006-04-11
売り上げランキング : 247

おすすめ平均 star
star語り口に感じるもの
star現在と過去を結ぶ歴史への誘い
star来年からの「昭和の日」を控えて・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



もお試しあれ。これで半藤昭和史ワンセットである。

ただし、本書に違和感を感じたとしよう。いや、日本人の中でも歴史観が分かれているのだ。
違和感を感じる方がいないわけがない。
そういう時には同じ近現代史を取り扱った別の書物に手をつけよう。
これが

横に捉える視点、「比較」目線は数段得るものが多い。



そして何度も言うようだが、
本の保存は 10℃に30%
本の天敵は 水・虫・日・光

お忘れにならぬようにご注意あれ。


そうやって歴史もモノも保存されていくのである。



スポンサーサイト
未分類 |  トラックバック(0) |  コメント(8) |  記事を編集 | 

2006年08月21日(月) 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  | コメントを編集 | 
2006年08月23日(水) 天敵
お久しぶりです、
takam16さん、お引越しされたのですね。
またこちらにも遊びに来させてくださいませ。

さて、天敵といえば
今のmamachanの天敵は
[家庭に蔓延する不機嫌の虫]ですね。
これはバルサンたいてもいなくならないのよ~!!
mamachan | URL | コメントを編集 | 
2006年08月23日(水) ママちゃん
ママちゃんも久々の記事更新と同時にコメント返しに四苦八苦したでしょう(小笑)

天敵が家庭にいるのはおだやかじゃないですねぇ。
まあいろいろ過去記事等をたどらせていただくと切実な悩みも見られるわけでなかなかそういう記事にはコメントを出しづらいですねぇ。
takam16 | URL | コメントを編集 | 
2006年08月23日(水) 上記コメント様

どちらかというと僕とは意見が近いかと思います。この本は現在の日本人のよくない性格を戦前戦中史の中と照らし合わせ、共通点を見出すことで現代人に警笛を鳴らします。
もちろん経緯についての考察も実にわかりやすい。タイトルも簡単で
本書は大変人気があります。
図書館でもよいのでぜひご一読くだされば
うなづける点は多々あると思いますよ。
takam16 | URL | コメントを編集 | 
2006年08月24日(木) いいと 思うが
水虫に 日光を当てると 気持ちいいけどね~♪

戦前戦後史か~ いろいろと 作為的に消されている部分も多い この時代 しっかり 読まないと 罠にはまってしまいます^^;
にっと | URL | コメントを編集 | 
2006年08月24日(木) にっとどの
にっとどのは水虫経験者のようですなぁ。
最近は女性の水虫が急増しているそうですぞ。
足のニオイをかごうとするのですが
なんせ体が硬くて....
takam16 | URL | コメントを編集 | 
2006年08月26日(土) 昭和については
学校では、ほとんど教わらなかったんですよねー。
近頃夫婦で、よく話すんですけど、日本史を昭和から始めて、だんだん昔に遡って教えてくれてたら(今と逆の順序で)もっとわかりやすかっただろうにね、って。

mix-hanabi | URL | コメントを編集 | 
2006年08月27日(日) ハナビ~どの
歴史は案外大切なことですぞ。

特に成功の歴史よりも失敗の歴史は
教科書同様にもなりますからねぇ。
そして失敗は恥ずかしがらないと!
しかしタイプで打つのは簡単でも、これがなかなか難しいのですがねぇ...むにゃむにゃ。

takam16 | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。