--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2006年09月26日(火) 記事No.10

読書が好きだと我が読者は認識しておられると思うのだが、実は小生、
テレビも好きでしてな、
言いだしっぺ、やりだしっぺが誰かは知らないが、テレビは1日○時間
にしときなさいなどとよく大人がのたまいましてなぁ。小学校あたりでは夏休み等の
計画に勉強○時間、テレビは○時間と円グラフに1日のおおまかな過ごし方を
記入して提出させるという生活の強要をしいられるという大変窮屈な思いを
しましたぞ。
テレビ好きにを「ふぬけ」にさせるとんでもない手口でしたな。

例えばテレビを3時間とするとそれが多いだのなんだのといちゃもんを
つける輩がいるわけで、そうなると朝9時半からの夏休み恒例のアニメタイム
すら満足に視聴できない。まったく困りモノでしたな、いやいや。

三つ子の魂百までなんて諺がふさわしいかどうかははなはだ疑問ですが、
テレビ好きは見る内容こそ違えどそのまま性格のごとく変わらないわけで、
成長とともにアニメがドラマになり映画になりお笑いなりといった有様で
今日に至りますなぁ。
そうそう、ドラマの話ですな。今日は。

放送予定のドラマを見る見ないの基準として、1つは出演者で決めるというもの、
例えば小生は阿部寛や江口洋介が出るドラマは放置できぬということですな。
脇役もこだわりますなぁ。橋爪功あたりが出てくると締まりますな。やはり。
ちなみに女性陣ならばいっぱいいて書ききれませぬぞ。がはは。


さてもう1つの基準、こちらが本日のメニュー、いやぁ、こう書くと定食になりますなぁ。
それはさておき、基準の2番目は原作本を読んだかどうかということ。

すべての物語の半分は過去に世に出回った本の内容をもとにさらに脚本家なり監督が
視聴者ウケしやすいように、または自分がやりたいようにアレンジしたものを
映像として届けるのですな。

このアレンジが果たして原作者にとって合点のいくものなのか否か、
その思惑を探るのが好みでしてな、ゆえに読んだことのある本の映像化にはアンテナを
何十本も立てるほど興味が沸く。これを知的生活とでも言いましょうかな。

簡単な例ではダ・ヴィンチ・コードの時は原作本が滅法面白いが映像はイマイチとかいう
ことですなぁ。じゃあこれに原作者のダン・ブラウンはどう感じたか、
興味ありますなぁ。


ここはテレビ好きとのお題ゆえ、最近放送された2つの原作本ありの短篇ドラマを2つ。

まずは先週日曜日の「僕たちの戦争」。
こちらは渡辺健が主演した「明日の記憶」の著者、荻原浩(以下ヒロシ)が2004年に
商業出版した物語。名前こそどこにでもいそうなそれですが著者の認知度も高まりました
かなぁ。

僕たちの戦争
僕たちの戦争荻原 浩

双葉社 2006-08
売り上げランキング : 1043

おすすめ平均 star
starこれぞ荻原流!ユーモアと哀感で戦争を見る
star共通の衝動
star内容がいくら良くても

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



主人公は2人いて、
1人は2002年のニューヨークのテロ騒動時に沖でサーフボードをしていた主人公。
もう1人は1944年(昭和19年)に海軍航空訓練として操縦桿を握っていた主人公。
この2人が時代は違うも同じ月日、同じ時間、そして同じ場所で事故に遭遇して気を失った
ことを理由に気がつけばそれぞれが入れ替わっていたという設定ですな。
もちろん容姿もウリふたつなために映像化では1人2役という極端な物言いで業界人に
言わせるならば「ギャラ節約」ができたと。
ちなみにその役を演じたのは森山未來。
で実はこの物語、登場人物は一部省略されていたものの、セリフが原作本とドラマとで
ぴったり一致する箇所がかなりあったという点がいたく印象深かった反面、原作本は
もっと面白いわいと今更ながら豪語したいですなぁ。

魅力はなんといっても現在から過去へ来た主人公と過去から現代へ来た主人公がどちらも
時代にさっぱり適さない言葉遣いを会話のみならず情景描写までも主人公の世界観にあわせて
述べられる点でしたかな。
特に過去から来た側の描写はなんとも滑稽。

例えば携帯電話ですな。これを過去から来た男が表現すると
「小型無線機」。
テレビとそのリモコンは
「映写箱」に「手にした薄板」。
コーラのLサイズは
「甲羅の得るサイズ」。
新聞紙のカラー紙面を
「総天然色写真の新聞」。

また昔はなかった言葉遣いの「まじ!」。
これを主人公なりに解釈、思案すると
「喜怒哀楽のすべてをあらわす言葉。あるいは軽い挨拶といった意味でつかわれるらしい....」

いやぁ、このあたりの正しい意味は産みの親である薬丸あたりに説明願いたいですなぁ。
はなまるマーケットの番組中ででもいいから。


そういう心の中の解釈はドラマ内ではすべて驚く表情で片付けてしまいますからな。
この作品に関しては真の面白さは活字にこそ発見できますな。

まあ以上のようにどんなヘンテコな語彙が生まれるかは想像するだけで面白いですなぁ。
「すまん。」「知らぬ。」といった会話中での登場は、言わない今だからこその時代錯誤。
しかし使う日本語の節々になぜか美しさも感じましてな。
だが過去の戦中から来た主人公は「御国のため」「皇国の」
と国への愛は「死」も辞さない意志を感じますぞ。

一方で過去へやって来た側はその逆。カタカナ言葉の大盤振る舞いに語尾等につく不必要な
言葉の行列。なんともいえない中身のない、しかも弱い意志。
こちらは今の世を知っているだけに特に新鮮味は感じないのはちと残念ですが、
それもいたし方ありませぬかな。

活字もを映像もあわせて考えますれば
戦争を境に現代と過去の両方への著者の皮肉がたっぷり込められたメッセージを存分に
味わえる書きっぷりにお腹いっぱいですぞ。
そしてそれぞれの時代の足りない点を補いあっているというのもポイント。
そこに決して変えることのできない歴史の重みを加え、歴史の前で人は抵抗できないことを
ちょっとした仕掛けでもって伝えていく。色が赤いかどうかはわかりませぬが、なに色かの
糸で結ばれているのですな。歴史というものは。
例えば昭和19年に来た主人公の1人がそこで出会う人物達は現代における友人の祖父母であったり
実の祖父の若い頃であったり。なんかドラえもんの香りがどこからか漂ってますな。
そんなSFじみた話は過去のもゴロゴロありましたかな。いやいや。
ただ戦争に対する想いというものに関しては若干インパクトが不足しているようにも
感じましてなぁ、これについては文中の言い回しに小生が気をとられ過ぎたというのも
原因かとは思うのですが。


まあ極めて原作とドラマが類似していたのが「僕たちの戦争」というわけですな。
ならば原作者の満足度は許容範囲でしょうなぁ。


さて、その放送の1週間前に「死亡推定時刻」なるドラマが放送されましてなぁ、
こちらはあまり耳慣れない名前の朔立木(サクタツキ)が原作者。

死亡推定時刻
死亡推定時刻朔立木

光文社 2006-07-12
売り上げランキング : 17226

おすすめ平均 star
star法律は人を守ってくれない
star最高のリーガル・サスペンス!
star読むべし!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本の内容は、とある女子中学生の誘拐殺人事件で捕まった男が実は犯人でないにもかかわらず
取調で殺人を犯したと自供してしまったために、死刑判決を受けてしまう。
その判決の控訴審を国選弁護人として事件を担当することになった主人公
はさまざまな資料をもとにこれが冤罪事件であることを見抜き、
警察・検察・裁判所のしくみや慣行といったシロウトにわかりづらい内容を事細かに
説明を加えながら、いかにして冤罪事件が成立するかという過程を読者に提供する、
そして一度取調で供述してしまったことがいかにその後の展開を決定付けるかも非常に
伝わる一見ノンフィクションかあるいは社会問題のジャンルに入れてもよいような内容ですな。

ところが吉岡秀隆が演じたこのドラマはあろうことか、冤罪をテーマの主軸に扱わず、
真犯人は誰かという視聴者に擦り寄るような出来上がりになってしまっており、
それが誰が犯人の匂いかもわかるベタなパターン。
原作本の言いたいことがまったく別の、それもミステリー仕立ての物語として
なにかの生まれ変わりかとでも思うようなあまりにもの変貌ぶりに
著者の朔立木の心中ご察ししますぞ。

著者や出版社、脚本家や監督、出演者、そしてテレビ局それぞれの力関係がこういう
原作本のあるテレビドラマでは嫌味なほどに見え隠れするのは
なんとも言えませんな~。

おっと.........



仏でしたな。俗世間のカネや嫉妬に立ち入ってはなりませぬな。いや~。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
未分類 |  トラックバック(0) |  コメント(8) |  記事を編集 | 

2006年09月27日(水) テレビ好き
なるほど、それで5時間漫才に耐えられるのね ← まだ羨ましがっている(笑)
「死亡推定時刻」あちこちで書評を見て読みたいと思ってるんです。ドラマでなく本ですね。
冤罪って人ごとじゃなく、自分もいつ巻き込まれるか判らないこの世の中です。
日記をつけておくとアリバイ証明に役立つそうですね。
mix-hanabi | URL | コメントを編集 | 
2006年09月29日(金) はなび~どの
おほほ。
日記をつけてのアリバイ証明ですか。
悪さをするといわれているはなび~のアリバイ証明ができるかもしれませんねぇ。
予約機能の件はどうなるのでしょうか。

5時間漫才ネタはまた説明に伺いますぞ。
takam16 | URL | コメントを編集 | 
2006年09月29日(金)
おぉーーー!!
死亡推定時刻、読むのすっかり忘れてました(;^_^A アセアセ・・・
メモしておいたんだけどね。
引越ししたら、図書館の近くになったんで、頻繁に行けるのよん♪

TVは海外ドラマしか見ないのだ!!
BON | URL | コメントを編集 | 
2006年09月30日(土) BONどの
引越しが図書館の側!!
それは計画的なすまい変更か.....

ドラマは海外
音楽はBONJOVI
そして
本は池波ですね。

まさか....
ドラマは韓流だったりして...

takam16 | URL | コメントを編集 | 
2006年09月30日(土)
違うよーーー!!
ドラマはCSIシリーズとかERとかだよ♪
恋愛物とかどろどろしてるのは嫌いでね・・・・・。
犯罪で血がどろどろしているのは好きなんだけど(;^_^A アセアセ・・
BON | URL | コメントを編集 | 
2006年10月01日(日) BONどの
がはは。

そうですねぇ、海外ドラマだと今は

「LOST」
「HOUSE」

あたりのCSで満腹でありまするよ。
takam16 | URL | コメントを編集 | 
2006年10月05日(木) 安易なテレビドラマ化
テレビと元本との内容・構成面の違いでしたね。
最近はヒットするとすぐテレビドラマ化するというパターンが続いています。安易だよなと思いつつ、リスクなしに売れるんだったら自分もそれを選ぶだろうなと思ってしまう小市民(正確には区民か)です。

因みに、私は韓流ドラマがとても好きです
といいたいところですがダメです(笑)
竹里京洛 | URL | コメントを編集 | 
2006年10月07日(土) 竹里どの
最近はノンフィクションや社会・政治問題を取り扱った書籍がTVでドキュメント化されるという傾向も多くなっているように感じました。
たしかに映像での訴えは心をつかむにはもってこいではありますが、例えば政治家の自伝まがいのものに沿った映像化は少し行きすぎの感が否めません。
takam16 | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。