• 2006年11月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2006年11月26日(日) 記事No.13
別館takam16というのがございます。
こちらもヨロシク。


● 大義名分の崩壊

5時に起きるという大義名分を朝4時半に起きることに変更して
3ヶ月。
その制約を頑なに守り続けていた意志が、この土日についに崩壊した。

理由はいたって単純だ。
仮に4時半に起きるとしよう。私はベッド生活ではなく、お布団生活が
すっかりしみついているおかげで、布団を片付けるという行為が可能だ。
4時半に起きる。するとすぐに布団を押入れにしまい込むことが重要だ。
しまい込むその心は、二度寝を防止することだ。

それが崩壊した。この理由もいたって簡単。
寒いのだ。とにかく日も出ていない4時半は震えの止まらぬ環境だ。
目が覚める。布団がある。

「さぶっ!」

某芸人のギャグを聞いたときに匹敵する気分が鳴った目覚まし時計を
止めに起きた後、再び布団にもぐりこむ衝動に駆られる。
もちろん目覚まし時計は電池ごと抜き取る。
携帯電話のアラームはバイブレーターに変更する。

7時までは布団の中で読書をしようとぬくぬくした心地よさで本を読むの
だが、これが気持ちよすぎていけない。

本は時に眠り薬としての効果を絶大に発揮する。
それはつまらぬ話、つまる話、モレることがない最近のおむつのごとく、
効き目は折り紙付きだ。



それから6時間。午前10時を過ぎたころ。
むくっと起きる私はうなだれる。
1日の始まりが、朝10時とはなんともったいない!! と。
時計があと1周すると、この1日は終焉をむかえる。この無駄遣い。



● 無駄遣い


無駄だと近頃感じること、実はパソコン画面とにらめっこしている時間が
最近やけに無駄だと感じる。まさにネットに対する謀反、造反だ。

情報収集に時間をかねないに越したことはない。しかしこれがネットとなると
話は別である。混まない時間にサクッと検索することが秘訣の1つだ。
しかし、ここで欲がひょっこりと姿を現す。
体内にひそかに蓄積されている「ネット欲」がふつふつと脳を刺激し、
右手の甲をこちらに向け、人差し指を自ずとマウスの左クリックボタンに
設置するこの体の覚え。体が覚える自転車や自動車の乗り方とは次元の異なる
お話だ。経過すること数時間。気づいたときには時すでに遅し。

無駄といえば、近頃の古本屋という資源のリサイクルをもっとうとしている輩が
たった1冊のマンガのために袋1枚、広告1枚をお客のために用意する必要は
まったくない。その袋は再生紙を利用と偉そうなことを言ってはいるが、
結局のところ、それは新たなゴミの生産に他ならない。
我々はその不要な袋をおそらくなにかのゴミを入れる道具の1つとし、いずれは
まとめてゴミに出す。それを業者がまたまたリサイクルしてなにかに利用する。

それに比べ、昔ながらの古本屋はちゃんと袋の有無をお客に尋ねてくれる。
きわめて健全だ。零細ゆえの店の事情もあろうとは思うが、買うお客にも資源の
ムダに対する理解がゆきわたっており、また店にもお客がそうであってほしいこと
を望んでいる。

そういうムダな袋が生ゴミに多大に出されているのが現状だ。
朝の他人のゴミ出し風景を見る限り、袋の中にまた袋があり、それが5個も8個も
おさまっている。
いっそのこと、袋をゴミに出す日でも定めればよい。


● お写真公開

日本は敗れたもの、朽ち果てたものに愛を注ぐ心が根強い。
自然に置き換えるなら、典型的なものが今の時期、賑わいを見せる紅葉だ。
これを私が枯葉と呼ぶと怒る輩がいるので、とりあえず紅葉としておくが、
偶然にもこんなお写真を撮ったので公開する。

下をクリック
20061126151647.jpg



お写真は、京都賀茂川を右岸から撮影した10月末日の午後の風景である。
残念ながら枯葉巡り、いや、紅葉巡りとはいかなかったがお日柄もよく、
ウォーキングを楽しむお年寄りや、ミュージシャン志望と思わせるギター弾き語り
風景などを川岸で楽しむこともできる。
しかしなんとといっても近頃は犬のお散歩がほぼこの川沿いの生活の一部と化している
ようだ。いたるところで人間と同数の犬が飼い主より立派だが、いささか妙な服を着せ
られて、気持ちよく散歩の日課をこなしている。
そこへ一匹の犬がこちらへ人間の都合で言うならば、とても嬉しそうに近寄ってきたので
よしよしをしてやろうと思い、手を差し伸べたところ
ガブリとやられた。

3週間後、数十年ぶりの狂犬病でメディアが騒いだ。

同じく自宅で私も騒いだのは言うまでもない。





 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
未分類 |  トラックバック(0) |  コメント(6) |  記事を編集 | 

2006年11月02日(木) 記事No.12
1ヶ月も前の話を今頃しゃべる出すのはどうかと思ったのだが、
10月はさぼりがひどかったのでUPすることにした。

10月8日の日曜日。いわゆる3連休の真っ只中、
この日の天気はすこぶる良好、
洗濯指数は確か100%だった気がする。

インドア派のチャンピョンと友人に揶揄されることにすっかり慣れた私は
この3連休で最も晴天だったこの日ももれなく自宅で連休を満喫していた。
貸出期限を過ぎることにすっかり慣れっこの図書館本を自ら言うのもなんだが
かなり偉そうな態度、そして姿勢で読んでいた。

確か秀吉の枷だった。

秀吉の枷 (上)
秀吉の枷 (上)加藤 廣

おすすめ平均
stars竹中半兵衛に興味がわいた
starsアイデアが楽しい........ 目くじら立てずに、ご一読!
stars秀吉のことを少し理解できたような
stars信長の棺の後編として読みたい
stars戦国時代のことが好きな人にはとても面白いと思います

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


近々TVドラマ化される 信長の棺の原作者である加藤廣氏の歴史小説2作目、
「信長の枷」ですっかり名を売り、さらに前作とうまく関連しているこの
秀吉の枷は経済分野に強い著者らしく 上下巻での出版だ。
2冊セットで3360円。儲け根性がうかがえたため、買わずに借りたというのが
本心だ。

信長の棺
信長の棺加藤 廣

おすすめ平均
stars面白かったです。でも、最後が急ぎすぎたような
stars視点の妙
stars私はそれなりに
stars歴史ミステリーだそうで
stars老人のエロはキモイ。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




そこに突然のヘリヘリコプターのプロペラ音がこだましたので偉そうな態度の
ままベランダへ出る。

ヘリ1

ヘリ3



それは1機ではない。2機、3機と時間とともに増え、視界に入ったその数
なんと7機。どうやら宣伝ではないらしく、またどこぞの軍隊の訓練でもない。

そのヘリ達が視界の上空を不規則ながらも旋回し始める。

ヘリが空を飛ぶ理由。
宣伝でなく、軍事訓練でもないとすれば、残りは1つ、

事件の発生だ。


この日の約1ヶ月前にタクシー運転手が何者かに襲われ行方不明となり、
運転手のタクシーが山奥に放置されていたというある大阪の奇怪な事件があった。
事件発覚後の捜査の結果、どうやら私の近隣でこのタクシー運転手が、乗せたであろう
客と揉めていたという目撃情報が出ると、当然のごとく報道陣が一斉に駆けつけたので
あろう。彼らを乗せた黒いタクシーや大きなバンがあちこちに見られ、普段は
平穏な地域が一時期物々しい雰囲気になった。

しかしこんな情報洪水の時代だ。他でも大きな事件はあるのだろう。
事件の進展が見られず、膠着状態。よってニュースでも取り上げられなくなった。
私もこんな時代に便乗し、すっかり忘れていた。

そこにヘリの集団。脳が目覚めた。目が覚めた。事件の進展だ。


事件は会議室で起きているじゃない!!
ヘリの下で起きているんだ!!


織田祐二のセリフのパロディーをベランダ越しでつぶやきながら、
少し熱くなってしまったインドア派の私。

実際その後のニュースで、
このヘリの下で起きたことは
行方不明のタクシー運転手の死体が発見されたことだった。


陸から現場が撮れない。陸がダメなら空。
平穏な3連休の真っ只中に空からの迷惑このうえない。

ヘリの集団は1時間半は飛び続けただろう。
騒音をさんざんぶちまけた挙句、何の断りもなくわがもの顔で
空から住まいの情報を撮る姿勢は、私の態度以上にひどい。

さらに不快なことは、あれだけ騒がせておきながら、実は次の日の
ニュースでの扱いがまったくもって小さかったことだ。

なぜだ!!


そう、この日は北朝鮮核実験の日。

読書の楽しみも事件の進展もふっとんだ。
メディアとは、所詮このようなものである。


とここまで書いてひとつ、重大な問題に気がついた。



私の住まいが限定されましたなぁ~。




 ブログランキング・にほんブログ村へ
未分類 |  トラックバック(0) |  コメント(12) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。