• 2006年10月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2006年10月28日(土) 記事No.11
すっかり秋休みの我がブログである。


近頃思ったのだが、
1年の中で最もつまらぬ季節が実は秋ではないのだろうかと
徐々に日の出の時間を先延ばそうとする朝日を眺めながらつぶやく自分が
ここにいる。

温暖化が原因かははっきりしないが、いつまでたっても山は緑を失わず、
番組改編のテレビはどれを見ても腑に落ちない。
紙面の主役は殺しにイジメに北朝鮮だ。



ちまたではさぞかし10月はご盛んなことだろう。例えばこんな感じに。


食欲の秋と皆は言う。
スポーツの秋と世間は騒ぐ。
読書の秋とマスコミは仕組む


しかしながら食の欲など健康が保証される限り、秋に限るものではなかろう。
うまいものは確かにある。海の幸、山の幸といったシロモノだ。
だが文明は進化した。時代は進んだ。加工次第でいつでもどこでも姑息な手段で
食べられる時代。
そしてそれらがスーパー、コンビニ等を賑わすあの殺風景な陳列。
はっきり言って興ざめだ。

食欲の秋という枠にあえて入るのであれば、なにか食欲の秋を満喫した証が必要だ。
例えば「太った」とか。


スポーツの秋 ?
確かに暑からず寒からずの季節のことだ。的を得たフレーズだろう。
するもの見るものすべてを含むのだろうが、取り上げるならば
プロ野球日本シリーズのあの結末はなんだ。
日ハム3勝1敗となった晩のスポーツニュースで

中日、これで負けたら殺されますよ。」

と某解説者(関根潤三)が笑うに笑えぬコメントぶりを視聴者に披露したが、
翌日の中日の敗戦により、本当に殺されてもおかしくないと先の意見に同感だ。
地元札幌では瞬間最高視聴率が実に75%もあったらしい。
我が愛する阪神タイガースを借りてきた猫にしてしまうほどの強さを見せつけたのであれば、
せめて今週末まで白黒を先延ばしにするだけの実力はあっただろうに。
まあ我が阪神タイガースが日本シリーズの結果、特に勝敗について横槍を入れるのは
名古屋の輩にはいささか我慢ならないことなのだろうが。

それよりも釈然としないのが、「新庄劇場」だ。
半年前の引退発表、パリーグ最終戦での仕込まれたセレモニー、札幌ドーム貸切引退記者会見。
確か球団とは別に所属事務所があると聞いた。よくできた劇場だった。
日ハム優勝はちょっとした「予想外」。相手が弱かったぶん「割引」ということか。
しかし真の「予想外割引」は、やはり元所属球団の阪神との日本シリーズ。
日ハム vs 阪神 のカードで、阪神の4勝0敗。
またまた名古屋を、さらには札幌まで敵にまわしそうな発言か....



すると残された最後の秋は

読書の秋。

まあこれこそ先の2つ以上にいつでもどこでもできる行為。

そういえば、以前 「本と本屋と図書館に魅せられて」というブログタイトルのもと、
記事を発信していた過去を読み返していたところ
こんな記事を書いたことを思い出した。ああ懐かしや懐かしや。


こんな記事


調べたところ、わが街は今年もどうやら休館日。


文化の日を休む図書館にこちらとしては「延滞」という手段をもって
断固反対する。



以上、「仏」でした。



 ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
未分類 |  トラックバック(0) |  コメント(5) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。